【L-RTK】u-blox社ZED-F9Pキット届いた<Ardusimple製が安い>

冬の工作で、cm級測位が可能なシステムを仕入れました。
数年前まで300万円もしたcm級測位ですが、u-blox社の開発努力で高性能のCHIPが安く出回ってます。
https://www.u-blox.com/en/product/zed-f9p-module?lang=ja
海外の普及が急速で、日本の半額でスペイン バルセロナ Ardusimple社製のSimpleRTK2B+SimpleRTK2Blite+Ublox-ANN-MB00アンテナ2個セット
で479ドルで購入しました。(別途DHLで関税で2800円+諸費用1100円)
で日本円で55000円くらいで、LocalRTKが作れるキットを入手できました。
https://www.ardusimple.com/product/simplertk2b-heading-basic-starter-kit-ip67/
Amazonで同種のDG-PRO1RW F9Pが1個で65000円なので、
海外購入だと同じモジュールとアンテナセットでも半額以下で入手できました。ただ、現在、海外で普及が進んでいるので、2-3年後には、2万円前後で誰でもcm級ローカル測位が簡単にできるようになるのではないでしょうか。
●開梱

●仕様
大きい基板がSimpleRTK2Bで、基準局(Reference)にする基板です。
小さい基板がSimpleRTK2liteで、移動局(Rover)にする基板です。
アンテナが大きいですが、アンテナが命なのでしょうがないそうです。
5mの同軸ケーブル付きです。
https://www.ardusimple.com/simplertk2b/


 

simpleRTK2Blite

 

●選択した理由
基準局と移動局間で無線通信か、インターネット通信が必要ですが
SimpleRTK2Bの場合は、XbeeとAruduino,STM32にソケット可能になってます。Xbeeは4個もっているので、流用できて便利なのでSimpleRTK2Bシリーズを決めました。当然価格も世界一安かったということもあります。
Xbeeが乗って、UART2につながっています。
SimpleRTK2Bliteは、USBがついてないので秋月のXbeeアダプタに載せてあります。

●以後
 トラ技の2019年2月号と10月号をしっかりと読みながら、セットアップします。12月いっぱいで、試運転して、1月からスキー場で実際にcm測位でスキーターンの軌跡を測定したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です