【L-RTK】ヘリカルアンテナ取付マウント作った<ポケットベンダー便利>

ヘリカルアンテナは、ドローンのボディーにコネクタネジで固定する構造です。
私の使い方だとスキー板とか靴とか治具に取り付けるので、バンド止め、ネジ止めできないといけません。

そこで、ヘリカルアンテナ用マウントをアルミ板厚さ2mmで自作しました。
板と道具がそろっていれば2-3時間で作れます。

 


 

●用意するもの
①アルミ板  厚さ2mmx200mmx300mm
アマゾンで1000円以下ですが、ホームセンターにもあります。

HIKARI製で材質が柔らかいA1050なので、加工性がよいです。
http://www.osaka-hikari.co.jp/item/howto_t/metal.html

➁ハンド二ブラー
簡単にきれいにカットするにはハンド二ブラーが最適です。こたつにはいりながらカットできます。私はHOZANのハンドニブラK-88を使ってますが、生産中止になってしまいました。

 

代替えを探しのですが、アマゾンでエンジニア製のニブラTZ-20がありましたが、アルミ1.5mm厚さまでです。2mm程度ならカットできると思いますが、無理なら1.5mm厚に薄くしないといけません。

 

使い方動画

③けがき、穴あけ
シンワ 測定ケガキ針D74444を使ってます。

穴開けは、ボール盤を使うほどはいりません、私は、6角軸ボールグリップと6角軸ドリル刃セットで手でこじあけしてます。

ドリル刃は、Φ3くらいの細い刃で小穴をあけてからΦ5くらいの太いドリルで
大きな穴をあけます。ショートドリルセット

④板金曲げ
エンジニア製ポケットベンダーは、高めですが、板金工作には必須工具です。

使い方は、エンジニア社のHPで解説があります。
https://www.engineer.jp/products/cut/ct08/tv-40

 

●板金箱曲げの方法は下記記事を参考にしてください。

【1月22日】ロードセル<ポケットベンダーで箱曲げ試す>

⑤やすり
  穴をドリルであけて細いやすりで削って縦穴をあけました。この作業が一番時間がかかります。やすりは 酸化チタンコーティングの金色のものがいいです。

SMAのL字コネクタです、ネジ部が長いもののほうがいいのですが、なかったのでこれにしました。使ってみて緩みが多いようだったら緩み止めを作らないといけなくなります。バネワッシャとバネ座を使ってますが、緩みやすい締め付けです。

 

カテゴリー: RTK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です