【ロードセル】ハンド校正用3軸ロードセル(SmartCalProbe)組み立てた<秋月のS字活用>

ハンド校正用3軸ロードセル=スマートキャリブレーションプローブ(SCP)を組み立てました。
 金物なので、加工手間かかりました。一番かかったのは、ハンドグリップのアーム板と円柱ロバーバルロードセルの取り付けです、何しろ、φ10穴からφ16穴に拡げるのに、手でやすりをかけながら3時間ごしごし削りました。金工は、工作機械がないとつらいです。

●構造説明

先端は、現在はプレインベアをつけてますが、TPOでいろいろ変えられるようのM6取り付けになってます。プレインベアでも結局回転摩擦の影響で、Z軸方向だけでなくXY軸方向の力も入ってしまうので、3軸ロードセルでないとプローブとして入力した力が管理できません。

Z軸:秋月のS字ロードセルSC301A 100kg

=>Z方向圧縮引っ張り力を測定します。

 

X,Y軸:アルミパイプφ16に8枚ゲージをロバーバル配置で貼ったものでXY軸方向のせん断力を測定します。



一度壊してしまって、内部の配線断線したので、黄色テープ部を修理して復活させたものです。ノイズっぽいのはそのせいか?

校正用にEVAL AD7194ボードに接続してありますが。本番では、AD7794チップとM5StickCで、3分力とIMUによる3軸傾き角度を表示して、補正値も計算するプログラムを作る予定です
後でシステム構成をまとめます。

●プログラム
 以前作ってあった6軸用AD7194のものを流用しました。
mbed NucleoL432KC用プログラムはGISTにアップしてあります。

ポイント1:10点の移動平均をかけてます。

ポイント2:周期は、7-8msecでした。

ポイント3:ゲインが小さいので、mVの小数点以下をFloatで出力してます。

●結果
とりあえず、クロストークは小さそうですが、SC301Aのモーメントに対するクロストークを測定してみてから、このSPCの校正方法を決めます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です