【3DP_IE】IE試運転<Nozzle圧力とフィラメントのSLIPが見える>

アマゾンからバネが到着したので、切った貼ったで、レバーで負荷する機構を完成させました。
モーターとエンコーダだけで重量は500gくらいになりました。

 

●この重い送り機構をノズル部の真上に固定しました。


●フィラメントエンコーダーの校正
 1ミリピッチでやると単ピッチ誤差は10mmに一回スリップのような現象がでるのですが、全体的な長さの線形性は0.999以上なので 一応使えそうです。しかし、後日、測定が進んだ時に1ミリピッチのスリップが問題になるかもしれません。

 

●試運転
 PLAを差し込んで、188℃まであげて、Extruderモーターを回します。
 Simplify3DのJOGパネルを使って動かします。

●1ミリピッチおくりした後に10mmピッチ送りをしてみた

10mm送りでどんどん押出力が上昇してSLIPが発生しました。

SLIP部を拡大すると最初の50mmまでは、SLIP無で正常送りしてましたが
50mm~80mm区間でSLIPが発生して送りが止まって、押出力が上昇してます。
90mm以降は、また正常に送りピッチがでてます。この現象が定常的に発生しているのか
今回のジグだけなのか、いろいろ条件をふって観察してみます。

●気づいた点
 ノズルの押出力が軽く2kgを超えてしまって、ノズルを支持しているロードセルがたわんで、ノズルが揺れてしまうので
 もっと剛性がたかく5Kgくらい測定できるもの必要です。自作でもいいのですが、校正が面倒なので、アマゾンの中華ロードセルで
 5kgのものを2本注文しました。3月20日ごろ到着するので、それまでは、この現象観察してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です