【MFT2019】噛む力解析Fx-Fy-Fzの組合せ分布<重複しすぎ>

分力が±20g程度の精度で測定できそうなので、微小な噛む力を
噛む力(Fz)前後力(Fy)左右力(Fx)で発生させてプロットして分布をみてました。

●前後力のみ 左右力のみ負荷した場合のプロット
同じ力でも多数のFyFxの組み合わせが発生するので

特定のXY座標を指定するのは不可能なように思えます。

●噛む力のみとFxのみFyのみでFz影響をプロット

これもある特定座標座標点を表すことは難しいと思います。

●検討
MFT申請後、じっくりと検討していきますが、
現時点では、FxFyFzが独立したパラメータとして発生させる機構
があれば一番いいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です