【3DP】日本初HP Jet Fusion 3Dがmake.dmm.comに導入された<ロスレスと速度がメリット>

2月の3DPRINTINGショーで見たHP JET FUSION 3Dが国内初導入されたそうです。

情報は、RICOHの3Dプリンタのニュースレター頻繁に来るのですが、今回の記事は備忘録しておきます。

https://make.dmm.com/print/option/massproduction/

RICOHが商社として間にはいったらしく導入事例がありました。
http://www.ricoh.co.jp/3dp/case/dmm/

ポイントは、
①粉末造形機としては従来機よりロスが少なくメンテンナンス性がよい
②速度と品質がよい
③TOTALしたパフォーマンスがよい

●2月の私の見解と比較
①速度生産性は予想通りでした
②材料のロスが少ない点はしりませんでした。

【3dp】3d-printing2018見学メモ<収穫有り>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です