【L-RTK】ADXL試運転:30cm移動距離ばらつき測定N=5<計測方法改良しないと>

300mm移動をN=5回往復波形をとって、ばらつきを測定してみました。

●Ax方向 加速度、速度、距離のグラフ
結果1:n=3:300mmn=4:400mm

 結果2:n=1,2,5は、距離550mmと大きくでていてNGでした

●X-Y座標でプロット

 N=1,2,5は、Y方向の移動量が多かった

●以後
 計測方法として、手で適当に動かしていてもばらつくので、XY座標を別の計測方法で測定しながら、加速度のばらつきを測定してみないとわからない。
①積分区間が判るようの距離を正確にモニターしながら加速度センサを移動させる
➁XYの動きも管理しながら動作させる治具が必要

カテゴリー: RTK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です