【l-RTK】MovingBaseモードでのサンプリング速度限界は175msec<補完はIMUを検討>

歩行など、変動周期が速い現象をRTK測定するには、サンプリング周期を100msec以下にしないとピークを逃してしまうので何とかRTK周期を早くでこないか実験してみました。

●測定結果

175msec周期でようやく精度安定しました。
150msec周期では1秒毎に大きく変動して使えません
100msec周期では、Hacc50mmベストで1.6秒毎に変動してます。
実際の測位では,100msecの場合は、時々2mくらい飛んでしまうので使えません。


●以後
  175msec周期の間をIMUでどのように補完するか検討します。

カテゴリー: RTK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です