【L-RTK】長野県小谷村でRTK精度測定<BASE局文京区と松本で比較>

ようやく、長野県北端にある小谷村コルチナスキー場OPENしました。一日で、30-40cm積もってゼロcmから一挙に滑走可能になりました。初すべりがてらにSimpleRTK2liteとPCをもってコルチナでのRTK精度を測定してきました。

●松本のBizStation社様の善意局を使わせていただきました。
BizStation社は、Droggerという競技バイクレーシングロガーを販売されてます。RTKの端末と使い方のページを公開されてます。バイク好きの方にはたまらないページではないでしょうか。
https://www.bizstation.jp/ja/drogger/

Droggerのブログ

Beyond your wall with Drogger

で、RTK2GOの登録方法の解説があります。
https://drogger.hatenadiary.jp/entry/REGIST_RTK2GO
マウントポイント名:JP_BIZSTATION

で登録されているので、さっそく使わせていただきました。
松本ー小谷間 62kmです。

今まで使わせていただいていた文京区になるCQ出版のNTRIP局からの距離は202kmとなります。

 

●RTK測位精度
①松本局 JP_BIZSTATION
駐車場にとめた車の屋根にアンテナを載せて、10cm角で移動させてみました。2DAcc が2cmと、松本市内の1cmよりは落ちてますが使える精度になってました。

➁文京区 CQ出版NTRIPサーバー
4-5cm精度となりました。やはり200km離れていると精度落ちます。

 

●以後
 松本のBIZSTATION様のご厚意の局を使わせていただいて、小谷村は2cm精度で測位できると確認できました。松本は長野県に中央部になるので、長野県全部で2cm精度でカバーできていると思います。
 BASEを10-20km単位に設置する意味があるのか疑問です。
  明日以降、RTK-SKIING測定キットの制作を急ぎます。

 

 

カテゴリー: RTK

2 thoughts on “【L-RTK】長野県小谷村でRTK精度測定<BASE局文京区と松本で比較>”

  1. はじめましてコメント失礼します。
    山形県で農業を営んでいる佐藤と申します。
    農業に安価なRTKを取り入れたくて色々探してこの記事たどり着きました。
    自前の基準局を用意しなくても10センチ以下の精度は善意の基準局様をお借りして出るものでしょうか?
    現在はドロガーさんのDG-PR01を使ってますが精度50センチが限界で作業によっては使えません。
    なのでDG-PR01RWSに買い替えようか考えています。
    当方素人ですのでご教授ください。

    1. コメントは6か月に一回くらいしかウォッチしてなかったので、今気づきました、大変失礼いたしました。お詫び申し上げます。F9Pを使えば、100km程度離れていても2-3cmはでると思います。DFPROの開発元のBIZSTATIONの矢口さんに相談してみてください。私の家のすぐ近くの会社さんで、そこのNTRIPをお借りしてますが、80km離れたスキー場で2-3cmで測位できます。宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です