【3DP】ラズパイpythonで高速組込Pgmは無理<マイコンと組合せ>

RasPi3B+いじりだしてますWIFI接続でWIN10ノートとリモート接続しているのでマイコンのプログラミング環境より相当便利です。電源を差し込んでおくだけで、DISPLAYもキーボードもマウスもいりませんので、WIFIでリモートで自由にいじれます。

●プログラミング言語の検討
RASPIは、Pythonが推奨されているので
WEB学習でちょっといじってみました。

C++学習した人にとっては、超簡単で、私には、ぴったり合っていると感じました。これで、今までマイコンプログラミングで苦労した点がすべて解決されれば最高なのですが、そんなに甘くはありませんでした。
PYHTONの長所短所で指摘がありました。

https://qiita.com/KatsunoriNakamura/items/dd567ea7cfaa99685453

 

●Pythonは、Cより25倍遅い!!
こちらの資料で計算速度が超遅い結果があってPYTHONいじる気なくなりました。
http://www.k-techlabo.org/www_python/lab_rep_speed1.pdf

GPIOのタイミングも500Hzで読み違えているらしい
http://ecoday.jp/1015/raspberry-pi-2%E3%81%AEgpio%E3%81%A7%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%92%E5%8F%96%E5%BE%97%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%82/

●信州MAKERSの用途ではRASPI PYTHONは使えない

時間軸がすごく遅いIOT用途しか使えません。

 信州MAKERSでは、力とか加速度とか物理量をセンシングしますので、PYTHONは無理だと判断しました。
①RASPIを効率利用するには、PYTHONは必須だと思います。マイコンとRASPIを組み合わせることで、互いの長所を引き出すような使い方でできればベストだと思います。

➁別手段として、マイコン替わりにRASPIでC++でどこまでできるか検討してみます。
CYTHONという上位言語で高速化とCとのリンクをするということができるみたいですが、ラズパイでC++が使いにくかった場合に検討してみます。

●本当に欲しいCPU

マイコンの使い勝手で、PC並みの処理速度とメモリーをもっていれば一番いいと思ってます。
マイコンで組込みプログラム組んでいると、割り込みタイミングとか、タイミング系で苦労するのですが、
クロックが数十~百数十MHz程度のCPUを使っているからであって、PCのCPUのようにGHz単位の高速CPUで割り込み処理すれば、タイミングの遅延など誤差のうちになるので、組み込みプログラムでタイミングを気にしないで、作れると考えてます。更に、メモリーも数GBあれば、データの配列を数百万個作ってしまえば、通信したり、ログする必要ないので、簡単です。更に、データ通信もWIFI、USB3.0の超高速転送できれば、計測用組み込みソフト開発は、非常に簡単にできるようになると考えてます。PCでIOT開発用のOSでMSがWINDOWSIOTというOSを出しているので、そのへんで、IOT用途に特化してくれればそのほうが理想に近ければいいな思ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です