【風速計2019】実走行テスト動画撮った<1号機完成>

下記YOUTUBEご覧ください

 

●実走行テストでの結果

結果1 メーター一体型のPITO管でハンドルのフレ角の誤差がでるのですが、向かい風追い風検出では、大差ありませんでした。
結果2 対気速度と対地速度の差で相対速度を得て、向かい風、追い風を検出する方式は、安定していて体感と一致している。これを、サイクリングの指標とするために、統計値としてどうつかうか検討が必要
課題1 車速がBRYTON410より5-10%遅い
=>チャタリングを本格的に対策しないとダメかも
課題2 BlueToothでのロギングがデータ化けでできなくなった。接触不良などが原因と思われるが、母艦パワーメーターマイコンに機能を集約する方向性で検討する
課題3 LPC1114FNのプログラム書き換えを毎回ばらさないといけないので、非常に手間取るので、USB付きのマイコンのほうが良かった。
課題4 路面の振動で接触不良がおきて電源が落ちた
=>コネクタ接続でも振動に強いものでないとダメ
課題5 風速センサと車速センサだけなのにハンドル回りに占める体積が大きすぎるので、とても本格的にサイクリングで使えるサイズではない
=>次回システムで小型省スペースに改良

 

●以後
課題をもとに2号機を検討します。2号機は、風速計でなくパワーメーター2019のパワーメーターとなります。母艦をサドル周辺に設置して、PITO管とLCDだけハンドルに設置しますので
ハンドル回りがシンプルになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です