【MFT2019 】WS3校正クロストーク影響大<3軸で干渉補正必要>

自作ロードセルの校正しました。中心位置からXY±30㎜ずらした位置でモーメントを加えて
クロストークを測定してみました。
小さい梁なので、ひずみゲージ貼り精度影響が大きくでてしまって、アンバランスな特性になってましまいました。

■今までは倍以上の面積の梁で作っていたので、クロストークは小さかったのですが、超小型ロードセルとなるとやはりクロストーク影響が大きくなるのは、メーカー製品でもいえることなので、こんなものかと思います。
●結果

モーメントMxMyが加わると傾きが大きく変化してその結果16mV(16000μV)出力でも±6%レンジ12%誤差でます
これは、単独のロードセルとしては大きすぎるので対策が必要です。
自作レベルでは、クロストーク誤差を±2%以下目標にします。

●以後

3軸でFzMxMyの構成を考えて試作します。干渉補正完了までで5月末までという感じです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です