【MFT2019】TSSOPの半田付け練習<何とかできそう>

AD7193TSSOPを5個も買ってしまったので、絶対に実装成功しないといけませんので、手持ちのTSSOPのADCチップで練習してみました。
AD7193は、28ピンのTSSOPでピッチ0.65㎜です。

手持ちのADCは、MPC3204という4ChADCですがPGAが入ってないので直接ひずみゲージ接続できないので使ってません。

●TSSOP半田付練習
こちらのブログ様の通りにやったらすんなりできました。
判り易い記事を書かれている管理人様に感謝いたします。http://cat0048.my.coocan.jp/index.htm
http://cat0048.my.coocan.jp/ssop/SSOP.htm

①用意したもの

はんだこて:HAKKO FX600 電子工作定番品で評価高いです。
こて先はデフォルトでついていた普通のものでも出来ました。

フラックス:GOOTのプリント基板用フラックスでアマゾンで人気NO1のものです。
半田:0.6㎜の細いもの
半田吸い取り線:1.5㎜の細いものでしたが太くてもいいと思います。
基板:秋月のAE-TSOP-2です。

●作業

①フラックスを両方に塗って位置合わせします。
何度も正確に合わせます。
②半田を多めに載せてブリッジで固めてしまいます。


②半田こての温度を320℃から370℃に上げて、吸い取り線でブリッジを除去します

③テスターでブリッジがとれているかショートチェックします

ところどころ、奥のほうに残っている場合があるので、吸い取り線を深くあてて吸い取ります。

これで、テスターショートチェック合格となって完成です。

数分で完成したので、あっけなくできたことに感激しました。

●以後
秋月で、AD7193実装用の基板とピン類とついでに、TSSOPのCPUも購入しておいたので、あとのお楽しみとします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です