【MAFS2019】円筒型サポートレス造形<空中ブリッジ成功>

元日は、3Dプリントで暇つぶししてます。
駅伝終わってからスタートして6時間46分で完成しました。
途中、フィラメント継ぎ足しがあってハラハラしましたが、失敗せずに無事造形完了しました。

●今回の離れ技
サポートレスを毎回いれてきたのですが、今回は、2点間の空間距離が長い場合どうなるかにトライしてみました。何とか肉厚1ミリ程度を犠牲にしてブリッジかけることに成功しました。

下のサポートレスブリッジです。円周を描くのですが、90度区間がサポートなくて垂れ下がりながらクモの糸を張っていきます。

だんだん太くなってきて平面を形成してきました。3レイヤーくらいで平面ができてきます。

ここまでくれば、一安心でブリッジかけ成功です。

 

●2個目のサポートレスブリッジ
1回目より距離が長い難易度大ですので、息ずをのみながら注視、

垂れ下がりながら、糸が張られてきました。

ここまでくれば安心です。

 

●6時間46分で完成 CarbonFilなので500mm/secで低速で、5m40cmでした。

●以後
磨いてからひずみゲージを2ゲージ法で貼って、Fz感度あるかみてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です