【PMD2018】KXSC7電圧出力実験<1.2Vまで動作する>

電源系がアナログ加速度センサKXSC7の電圧ー出力仕様が説明書だけではわからないので電圧を変えながら回転角度出力を測定してみました。

●測定準備
定電圧電源で電圧を与えて、出力はマイコンAD変換で測定してCPLTで記録しました。回転冶具は、MFT2018で仕入れておいた回転台を垂直に固定してKXSC7を中心に樹脂粘土で固定しました。
アナログの3軸加速度センサは初めて使います。
http://sc.akizukidenshi.com/download/ds/akizuki/AE-KXSC7-2050.pdf

回転角度はだいたい90度ごとに4水準回転させ測定しました。

●電圧をふって出力測定
XbeeのAD変換が1.2V以下なので出力が1.2V以内の条件で回転測定
①1.2V入力での360度回転出力
黒がX加速度、青がY加速度 下向きが重力加速度+1Gとしてます。
緑が入力電圧です。

1Gで200mV付近に出力がありますが、XとYで違いそうですので、毎回CAL上死点と下死点でやったほうがよさそうです。ノイズがでてるので移動平均でつぶさないと角度精度低下しそうです。

②1.6V入力
1.6Vでも出力は1.2V未満なので使えそうです。

 

●以後
センサー系の電源電圧を1.2Vで統一する方向で検討してみます。
2.5V 3端子が入力3V以下だと1.9V出力なのでXbeeは
電池ダイレクトで動作させないとだめそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です