【PMD2018】シートピラーにゲージ8枚貼った<全12CH検討>

シートピラーに残りのひずみゲージ3枚残して8枚2フリッジ貼りました。

ゲージの貼り方はYUOTUBEにアップしてあります。

2枚セットで一挙に貼りました。

●ブリッジ結線
曲げモーメントを測定します。

なぜ曲げモーメントがよいかというとサドルにかかる力は、面圧がころころ変化するので
面圧の重心力を追っていると大変なので、XYのモーメントなら重心力とモーメントの両方を
カバーできるので、発生している力を取り逃がすことはないからです。

 

●測定CH多い

PMD2018 CH デバイス
クランク右 トルク LT1167=>Xbee
EndDevice
軸力
せん断力
曲げ力
クランク左 トルク LT1167=>Xbee
EndDevice
軸力
せん断力
曲げ力
クランク角度 アナログセンサ Xbee AD EndDevice
SeatTube 曲げモーメント HX711or LT1167
ねじりモーメント HX711orLT1167
Saddle フレーム HX711
SeatPillar Mxモーメント HX711
Myモーメント Hx711
Handle 右Mx Hx711
右Mz 10 Hx711
左Mx 11 Hx711
左mz 12 Hx711

PMD2018でペダリングで使う力を3か所で測定すると最低でも12Ch必要です。
サドルに基板1セット、ハンドルに基板1セットでCPLTを2個同時立ち上げで
同時サンプリングして測定する方法を検討します。

ハンドル用にHX711基板を1枚試作します。

●以後
クランクのXbee  EndDeviceモードで、LT1167とアナログIMUでAPIモードで2個同時受信できるか
を実験してみます。中華ゲージが9日に届いてからSeatTubeのねじりとハンドルに貼ります。
PMD2018では、あくまで原理系とデバイス開発ですので、パワーメーター用にパワーを
求めることは未だできません、PMD開発の結果をもとに、新型パワーメーター開発は来年MFT2019以降になると思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です