【パワーメーター2019】左右周期差1踏み目ででる<クランク角度必要>

左右の周期が時々刻々とずれていって、しまいには、重なってしまうという珍現象の原因がなかなかわかりません。

チェック1:検査方法
左右クランクにATMEGA328P8MHZでひずみ信号をXbee経由で送信して、PCで左右を別々に受信して、teratermのタイムスタンプを合わせて、同期をチェックしているのです。TeraTermのずれに関しては、数msec以内でおさまるので、同期ズレ現象に影響は及ぼしません。

チェック2:マイコンのクロックズレはあるか
マイコン側からSIN波形を送信して、上記方法で比較してもズレは一切発生しませんでした。

●再度踏みながら観察してみた
1踏み目の位相関係が50%振り分けになってません。それがどんどん位相がずれてきて最後には重なってしまう現象は再現性100%で測定できてます。
①1踏み目が何故偏っているのか?

1周期だいたい1000msec前後なのに
左右差が150msec~300msecと偏ってます。
左右でこんな踏み方はできないのではないかと思います。
検討1:左右でピーク(谷)の出るクランク角度が違っているのか?


最後は、左右差810msecまでずれてしまっています。
左右の周期が違うとしか考えられません。クロックなどタイミング関係でまだ疑側しいところがあるのか再検討してみます。
●以後
クランク角度センサをつけて、左右と同期させて位置と踏み込みのピーク位置の関係を正確に測定しないと見えてきません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です